子供たちの絵本棚


140228(FRI)  晴☀  デンデンママの絵日記

ジャンボはずっと、デンデンの時から買い溜めた絵本を、
寝る前と土日の朝目覚めた後に、少しずつ読んでいる。
それは結構前からの事で、小学校の推薦絵本リストを貰う前から、
既に絵本を自分から好きで色々読んでいる。
今日はちょっと棚を整理してあげたけど、いつか自分で整理できるといいな。

幼稚園を卒業する時に、絵本を寄付して下さいと言うお話があったが、
どこかのママさんが持って行った絵本を、役員の選別で捨てられたのよ、
中古でも大事に使って、見た目悪くない、破れがないものに限るって、
なので、寄付する勇気はなかったわ、うちの絵本は結構読み込まれて、
見た目結構きれいでも、中のとこかに小さな破れはある。
勿論ページがかけるほどの破れはないけど・・・
捨てられるくらいなら、まだ数年読み返せるじゃないかと思う。

それでも・・・ジャンボが高学年になれば、絵本たちはお役御免になる、
その時はどうしょう~捨てたくはないのよね~
どこかへ寄付すると言っても、条件付とか贅沢言われるとなぁ・・・
ちゃんと補修済みの中古絵本(補修いらないのもある)、
寄付して欲しいとか、紹介するからあげて~とかあったら、
ぜひコメントで連絡下さいm(__)m

それにしても、デンデンの時と違って、子供が二人になると余裕がなく、
デンデンママが絵本をジャンボに読んで聞かせる事はあまりない。
ちゃんと自分で読んでいるけど、どこまで理解しているのか、知りたい^^
今度の休みはジャンボと絵本の話でもしょうかな~






ワリバシ

140227(THU)  晴☀  デンデンママの絵日記

小学校の手遊びで「ワリバシ」って言うのがある、
デンデンも小さい頃に良く学校で遊んでもらい、
お風呂の中でデンデンママも一緒に遊んであげた事があった。

最近ジャンボもお友達とワリバシで遊んでいると聞いた。
デンデンママもジャンボとやってみたら、ところどころ細かいルールを忘れ、
さっそく調べてみたwww お風呂で一緒に遊ぶと楽しい^m^


みんなで声を出して、「わ~りばし☆」

人差し指を伸ばして両手をぶつけ、
トンっと、また離す、次は一人ずつ、
順番にアクションする。





先行が自分の両手をぶつけて、
左右の1と1を、2と0に変えるか、
または左図のように、
相手の左右どちらかの手にタッチする。

(斜めに相手の右手をタッチするのもあり)


タッチされた側は相手の指の本数と、
自分の指の本数を足した数に、
指の本数を変える。
相手と自分の指の本数が5になると、
その手の数は全て消える事になり、
両手が消えれば負けとなる。

5を超えた場合は超えた数だけ残る。
(相手が4、自分が3なら2本指が残る)

相手の指が2、自分の指が3の場合、
自分の両手をぶつけて、左右の数を変え、
5になる事を回避する事ができる。
これも1アクションとして数えられるので、
次は相手がアクションする番となる。

(同様に相手が1、自分が4の場合も、
左右の数を変更して5を回避できる。
ただし、両手の合計数を変えてはならない。)





読書週間になりそうだw


140226(WED)  晴☀  デンデンママの絵日記

ジャンボの小学校からお薦め読書リストには「ひとまねござる」があった。
どんな本かと見てみれば、あのアニメの「おさるのジョージ」だったね^^;

どれどれ、文字で読むと感じが違うのか?と思いきや、ううん、
これはアニメの面白さを知ってしまったので、読み続ける気にはならなかった。
今更読むなら、youtubeからアニメを引っ張り出して見るのを勧めるよ。
何故なら原作は英語圏のもので、 文学的な思考よりも、
体的リズム感覚で楽しむものに近い。
特に教訓的な内容も多くはない。

そして、ジャンボがこれつまんないと言ったのが「だいくとおにろく」、
何がどうしてつまんないのか~と見て見ると、う~ん、
大工と鬼のやり取りがつまんない・・・しかもいい加減、
鬼の名前も知恵を使って情報収集したのでなく、
逃げているっ途中に都合よく聞こえてくる子守唄にヒントがあるとか、
無責任時代に棚ぼた的に目的が成せると言う、まあ、
無責任な子供が育ってしまいそうな絵本だ。
さっさと返そう。

今週中、他に借りた本も全部読まなくちゃ><




ジャンボが気に入った一冊


140225(TUE)  晴☀  デンデンママの絵日記

それはこんな表紙で、絵本と言うよりも、低学年向けの文字が多い本だった。
読んで見ると、これは、これは大人にもお薦めしたい本だった。

講談社発行の「はらぺこプンタ」、主人公はかわうそのプンタ、
食にありつけなくてお腹をすかした所に色々な動物のたまごを拾う、
たまごを食べるよりも孵化してから肉を美味しく食べる方がいいと思い、
孵化したら、動物の赤ちゃんは自分をおとうさんと呼ぶではないか、
しかも鶏、アヒル、ペンギン、ダチョウ、フクロウ、そしてなんとワニも、
なんとも雑然とした他人の子供たち・・・
すると、プンタは食べるどころか、情が沸いてしまい、
せっせと子供たちの為にそれぞれの餌を探すようになる・・・

しかし、プンタは自分もろくに食べられないのに、
色々な餌を探さなければならない現実は厳しく、心が揺れ動く。
自分は食べるために孵化した動物の赤ちゃんたちを、
食べられるほど無情にはなれず、
かと言ってみんなを食べさえるほど裕福でもない。
思いつめたプンタは子供たちを動物園の前に連れて行き、
餌をばら撒き、子供たちが餌を食べている隙に逃げて帰るのだった。

どうでしょう、人間界に良くあるパターンではないでしょうか。
人間の赤ちゃんたちと違って、動物の赤ちゃんはもっと賢いおかげで、
ストーリーはまだまだ続けられる、最後にはちょっとした感動がある。

作者の武井博さんは「ひょっこりひょうたん島」を手がけた方で、
絵はイラストレーターの奈良坂智子さん、とっても可愛らしい絵だった。
この本だったら、ジャンボの心にしっかりなんかを残せそうだ。
何が残ったんだろう~あとで聞いて見ようwww




子供の読書


140224(MON)  晴☀  デンデンママの絵日記

小学校の図書室から子供向けお薦め絵本のリストを貰い、
強制ではないが読書感想文の提出を求められている。

近くの図書館から借りられるものを全て借りたが、
ジャンボがどのくらい消化できるか、わからないと思っていたところ、
読書が早く@@; しかも一通り読んでからこれが好きと言う本を選んだ。
つまり、ちゃんと読んで中味を一応理解して、
自分にとって新鮮若しくは心に残ったものをちゃんとわかっている。
すごいじゃないか、こればかりは教え込めるものではない、感性だもの。

デンデンママの子供時代に絵本を読むなんて贅沢な環境はなく、
周りの大人たち子供にお話を聞かせる程度だった。
デンデンママも日本育ちの母親から色々とお話を聞かされて、
頭の中で色々想像していたのを覚えている。
母の愛情をまともに感じられたほんの少しの思い出の一部だ。

そして、日本に来てからは既に思春期に突入する時期で、
絵本を読むなんて贅沢な時間はやはり持てなかった。

子供が出来て、一緒に絵本を読む気になっても、なかなか時間がね~
なにしろ家は旦那が何もしない木偶の坊で、車までママが洗う始末・・・
よそと比べて、デンデンママの時間的な余裕は比較的に少ない。

今、デンデンは手が掛からなくなり、ジャンボも大人しいし、
有難い事に喧嘩や事件を起こすような男の子のタイプでもない。
一緒に本を読めそうな気がするんだw 一緒に読みたいな^o^/




失敗した(^^ゞ


140222(SAT)  晴☀  デンデンママの絵日記

ゆとり教育は間違いだったと、学校は去年から土曜日も授業ありになった。
そして、今日はデンデンの中学校で授業参観と3学期の保護者会。

授業参観時ビデオ撮ろうとデンデンママはタブレットのカメラを使ったら、
効果音が授業中に響いて、休み時間にお友達の前で娘から怒られた~TT
家であんなに可愛い甘えん坊の娘のデンデンが、
学校でなんで偉そうに威張り腐ってるの!?
もう~~~腹が立つったら!!
大体ね~、あれは音量ボリュームを下げても出るのよ、システム設定かなんかだ、
良くわからないので、設定して見ても音は消えなかった。

写真やビデオを撮る度に、静かな教室で効果音が響いたって、
そんなに授業を妨害するほどうるさい音だったかな~><
いや~~~撮るなぁと言われても、久々の授業風景、
成長した娘の姿を撮りたいもんがな~わかってくれっつうの!

確か盗撮防止の為に標準装備のカメラやビデオは効果音が消えないのよね^^;
その為にダウンロードストアには沢山の無音カメラソフトがあるもの、
みんな広告付きでうざいけどね・・・
次からは無音カメラソフトを使います、はい(ーー;)




デンデンがおやしお?


140221(FRI)  晴☀  デンデンママの絵日記

今日、デンデンが学校でお友達とおしゃべりして遊んだ時の話w
デンデンが書いてくれればいいが、最近は部活で遅いので余裕がない。

デンデンがお友達におやしおのイメージだと言われたって、いきなり聞かされた。
はっ?!なんの事?全然ピンと来なかったね~
中1の会話でこれだけでわかってしまう人がいたら、天才だと認めるよ^o^

気象や海流で人を例えたら何?みたいな遊びをお互いにしていた。
デンデンのイメージとは、すごくクールで、やって来ると存在感があり、
かと言って冷たくはなく、話すると色々得が多くて、
沢山のプランクトンを運んでくる寒流「親潮」みたいだそうだ(^◇^)
良く勉強しているいい子達だな~って感心したわ~
ちなみに、本人はこれで結構気に入っているらしい^m^

弟のジャンボは例えで言えば「小雨」だそうよ、
突然降るがパワーがなくて、ふわっひょろって感じ?みたいなwww
まぁ、小学生だからね~~~デンデンママは暴風雨らしい><
めったに来ないが、来た時は、つまり怒った時は手をつけられない^^;
・・・当たってるかも・・・まぁ、全てはあなた達の為によ^^b

デンデンパパは?津波みたいじゃない?って聞くと、
う~ん、でもそんなパワーは全くないけど・・・
でも、考えて見れば、じわじわと忍んで来ていつの間にか全てをぶっ壊し、
無責任に去って行く、そんなところのイメージはあってるかも!!
人の為になるパワーはないのに、周りに与えるダメージは大きい><

お友達には北風や竜巻もいたよ^^ 皆さんはどんなイメージ?




親父の逆切れ


2014/2/20(THU)  晴☀  デンデンママの絵日記

実はね~先日の個人面談でジャンボのお父さんについて聞かれたのを、
ジャンボパパに伝えたのよぉ~、あ~聞かれたからこ~答えたって。

ジャンボはお友達の遊びや旅行の話題についていけなくて、
冬のオリンピックでジャンプ選手の話で熱くなっていたグループの傍で、
一人ぽつんっといるのを、先生は見かねていたから、
お父さんはどんなスポーツができますか?普段どう付き合っているのか?
そう聞かれてしまい、実は大病を患って、直っているが、
子育てや家族サービスは全くしていないのだと正直に答えた。

毎週はじめにお友達はお父さんがどこどこへ連れて行ってくれた、
何々を教えてくれたから、どの程度できた・・・
そんな話にジャンボは入れないんだそうな・・・かわいそうだTT

代わりにデンデンママがキャンピングカーで、親父をほったらかして、
子供たちを連れて全国の道の駅に行って、現地産物を食べたり、
有名施設へ遊びに行ったりしてますよっと答えたら、
先生もなんか察したみたいで、お父さんの話を打ち切った。

それをデンデンパパに言って、特に息子が生まれてからは、
ちゃんと息子と付き合った事がほぼない状態で、
自転車も最近ようやく教えるようになって、まだ公道にも出られない。
お母さんにできない子育ても一杯あるから、やってよ~と言った。

が!上の絵の通り、逆切れされた---><
俺が何もしないかよ、何で先生がそんな事を聞くんだよ、
ママが何もしないじゃないの?って・・・
娘のデンデンも横で怒ってしまい、平気で嘘をついてまで逆切れする、
そんな親父の姿を見て、情けない気持ちだろうな・・・
前々から、子育ての手抜きは自分に戻ってくるよって、言ったのに><

コミュニケーションの基本が・・・


2014/2/19(WED) 晴☀  デンデンママの絵日記

体ばかり成長して、特大号の制服がまだぶかぶかのジャンボは、
もうすぐ小2になるが、人見知りと極端な恥ずかしがりは直らないTT
挨拶返し、聞かれたことに対する返事ができない?しない?
例えしても、話しても、ボソボソっと小さい声で、聞こえない、
昨日の個人面談ではこの点を強く言われ、1年生のうちに直させたい。

デンデンママとしては、日頃聞こえないなら、何度でも聞き直す。
それでも声が小さくて、しかも「もういいや」と言われる時は、無視。
人とのコミュニケーションができないなんて社会では生きて行けないし、
ジャンボだって、自分が困るような事にはちゃんと大声で話している。

空手教室へ行かせているので、そこでも大声を出す練習はする、
小学校クラスは1年から6年生までいて、何らかのコミュニケーションはある。
この点、デンデンママはあんまり心配をしていない。
ジャンボは与えられた環境に適応する柔軟性は充分あるのだ。
ただ、常にその環境の中で一番楽なポジションに居座り、
出来ることなら自分のしたい事に没頭し、面倒な付き合いに関わりたくない。
要するにものすごく親や周りに甘えているのだ。

学校なら学校で先生が叱ればいいと思う、
聞こえないなら聞こえるまで声を出させて話させればいいと思う。
学校では甘えられないと分からせれば、ジャンボも声を出す必要性を認識する。
デンデンママが毎日、大きい声を出しなさいよと言い聞かせるより、
ずっと効果があるし、それが学校へ行く意味でもある筈。
でも、そんな事をそのまま先生に言うと、私立の先生のプライドが・・・
と余計な気を回して、ジャンボは言い聞かせても納得しなくて、
例え泣いてしまっても、傷ついても、実際に経験してようやく学ぶタイプなので、
家でも試行錯誤しながら育てているので、どうすればいいでしょう~
と、先生に投げて見たところ、では暫く家でみんな構わないで上げて、
忘れ物しても、やるべき事をしっかり伝えられなくても、
学校で叱りましょうと、この結論に落ち着き、昨夜は家族全員をそれを伝えた。






今日は学校の個人面談


2014/2/18(TUE)  晴☀  デンデンママの絵日記

今日はジャンボの個人面談の日で、かなりドキドキして臨んだ。
自慢じゃないが、我が息子は成長過程においての基本が出来ていない。
それは色々と理由があるので、そこら辺を今日は先生と話し合って来た。

先ずは、極端の恥ずかしがりで返事しない、声が小さい、1年当初から言われ、
とうとう1年経っても直らず、専科の先生方からも授業中で例え答えても、
ボソボソと何を言っているのかわからない、困ると言われた。

昼休みもお友達と外で遊ぶ事ができず、いつも教室で一人何かをやっている。
せっかく勉強ができていても、これは勿体無い、もう少し大きくなると、
周りがもっと活発になって、いじめの対象になったりする可能性もある。

オリンピックのスキーやジャンプ選手など、お友達の話題に入れない。
テレビ見てますか?お父さんはどんなスポーツが好きですか?と聞かれ、
困ったね~正直お父さんはお父さんとしての子育て役割を果たしていないと、
家庭事情の実際を一部話すしかなかった。

そして多かった遅刻はなんとか克服できたが、忘れ物は時々でも続いている。
自分のしなければならない一連の行動が連続しない、言われないと動けない。
朝一に宿題と連絡帳を提出する事になっているのに、
一人だけ宿題忘れてもはっきり言えないし、連絡帳も終わり頃にもたもたと出す。
今朝も提出プリントを言わずに、後ろに立たされたお友達の横に、
くねくねとすり寄っていき、経つのだった。聞けばプリントを忘れたと言う。
なぜその前にお友達のように、堂々と「プリントを忘れた」と言えない?

最近は家でもナヨナヨする傾向が強くなり、裏声で喋る時もあり、
あーちゃんが呼ぶように自分のことを「ちゃん」付けで言うなど、
今まで意識して言わないようにしていたが、「男らしくしろ」と言わざるを得ない。

さ~て、どうした事か、男の子の子育ての試行錯誤は続く・・・




初めてコミュ設立


2014/2/17(MON)  晴☀  デンデンママの絵日記

身の回りで、この世を去る人が一人、また一人と増えている。
そんな年頃になってしまっていた、いつの間にか・・・
もっと一緒にいた時間や思い出を大事にしたいとの思いがあるので、
コミュニティーと言うものを作って見た。

昔みたいにHTMLを知らないとできないとか、
サーバーをどうやって立てるかとか、
いまの時代にはそんな面倒な事なんて必要がないんだねw

日本にはmixiがあるが、これは日本人の共通する欠点で、
こじんまりと自分たちの閉ざした世界で安心感を得る、
そんなのは好きじゃないので、却下。
物の考えは地球規模で行きたい、力が大いに及ばないとしても、
地球人でいたいからな~

MSのLIVEと言う方法もあるが、昔からMSはウィルス天国と言われるので、
情報の垂れ流しや悪用を減らそうと思えば、危険には近寄りたくない。

FB、これは世界的な規模になって来て、
日本は他国に比べて10年近くの遅れもあるけど、
最近ようやく登録者が目立つようになって来たが、
ただし、実名登録との謳い文句もどうかな~
個人情報を自ら垂れ流しているのよね~
警戒心無さ過ぎだろう、写真まで・・・実際色々と問題が出ているね~
今はグループ機能(セキュリティがかかるコミュ)があるので、
家族や子供の写真や実際の情報はせめてその中で垂れ流して欲しいけど・・・

結論、ほどほどで便利機能が多く、
最初から限定公開できるサークル管理と対外秘扱いできるコミュ機能付の、
G+にした。さ~て、ついて来れる人はどれくらいかな^m^




吹雪いてる><


140214(FRI)  雪❄  デンデンママの絵日記

今日の予定では、ジャンボの空手教室の筈だが、外は吹雪き。
そんなに遠くは無いので、行こうと思えば行ける距離ではあるが・・・
でも、風でも引かれると学校休む方がよっぽど大変だよな^^;
私立だから進度に遅れたくないし、普段の自己管理も評価されそう。

先週に続いて2回目の雪で、先週の雪で解けてない道路わきなど、
凍り付いて滑りやすくなっている筈、ジャンボは面白がって滑りに行く、
まじめに滑って転んでもしたら・・・頭でも打ったら・・・
みんなはどうしているんだろう、さっそく先生に電話して見ると、
なんと、予定通りに教室は開くそうだ、さっすがスポーツ系のお教室。
「もしこれ以上吹雪いたら・・・?」と、言葉を濁して聞いて見ると、
「あ~、勿論休んでもいいですよ」と言われたので、お言葉に甘えて、
ジャンボを休ませる事にした。

休んで良かったと思う、あれからやはり積もって来て、
電車などの運動も大分乱れて、ニュースではてんやわんや。

天気予報では来週水曜日にまた雪が降る予定らしい・・・
今年は降り過ぎだろう~、異常気象が止まらないじゃないか、
これって、ものすごく深刻な問題なのに・・・
深刻にされてないよな~もう飽きた話題か?
全く改善策や行動は見られないよね、世界中で・・・
こわ~い@@;




懺悔


2014/2/12(WED)  晴☀  デンデンママの絵日記

心にぽっかりとあいた穴は、時間が流れていても簡単には埋められない。
元の会社の専務が亡くなり、お通夜で初めて行った専務の地元、
交通自体は便利であったが、改めて知ったこの距離の長さ・・・

思い出せば当時、仕事の後でも部下たちのアフターケアに、
時間を掛ける事なんて惜しまなかった。
一杯飲みながら、仕事の話、気持ちの話、仲間の話、沢山話した。
私たちはその度に困難を乗り越え、蟠りを捨て、新しい気持ちで仕事に向かった。
その為に電車の時間に間に合わず、専務は深夜バスで帰る事も良くあった。

その深夜バスの時間を何度か任されていたが、ついつい調子に乗って、
最終バスの時間を見逃し、専務を困らせ、結局ホテル泊まりなんて、
何度もありましたね(-_-;)
自分の家が近かったので、通勤の大変さって身に染みてわかっていなかった。
仕事やアフターの疲れを、私のせいで家に帰って癒せなかった事を、
本当に、本当に申し訳ありませんでしたTT

海外営業の後も、接待も、専務より先に酔い潰れた事も多々あり、
良く面倒を見て貰い、翌朝は少し遅刻してもフォローをしてくれてた、
手の掛かる部下で、本当にごめんなさいでした><

お土産やメーカーからの試供品なども、いつも先に選ばせてくれ、
気も遣わずにただ自己中に欲しい物だけ先に取って行って、
すみませんでした^^;

本当はそんな話を沢山、専務が生きているうちにもう一度、
杯を交わしながら、大笑いをしながら、話したかった。




数々の後悔・・・続き


2014/2/11(TUE)  晴☀  デンデンママの絵日記

元会社の専務のお通夜へ行ったのは、既に2日も前の事となった。
思えば契約社員で派遣された商社が、
専務と未だに付き合いがある同僚たちとの出会いの場であった。

そして専務は男女差別せずに、仕事した分だけ認めてくれた、
だからこっちもそれに応えようとと、がんばれたのよね~
アシスタントから始め、正社員として採用され、総合職に育ててくれた。
そして国内営業に限らず、海外営業も、日本企業の海外進出も、
政府関係プロジェクトまで、信用してくれて、担当させてくれました。
専務と仲間たちがいれば、もっともっと大きな仕事ができた筈だった。
それだけリードしてくれて、包容力がある大きい器の専務でした。

専務や同僚たちと一緒に働けた十数年は、初めて私に、
充実した人生とは何かを教えてくれた。
なのに、結婚と出産でつまずくなんて・・・
仕事の協力者はいくらでもいたのに、家の中の協力者は皆無だったTT

もし育児、子育てで退職せざるを得なかった状況にならなかったら・・・
もし私が退職した後に合併とリストラが続いてなかったら・・・
もし元の仲間たちがバラバラに散らなかったら、専務も諦めなかったよね・・・
もしなんて、現実じゃない事を言ってもしょうがないって、わかってるよ。
でも、こんな大きな人とあの頃の仲間、挑んだ仕事も、二度と来ない。

お通夜で元会社の仲間は殆どいなかった、
勿論人柄を凌ぐ数多くの参列者はいたが、知らない人ばかりだった・・・
育児退職してから実に十年もの空白を認識した時でもあった。
そして大きな存在を亡くしてしまったとじわじわ実感するのだった。




数々の後悔


2014/2/10(MON)  晴☀  デンデンママの絵日記

本日は元会社の専務の告別式で、残念ながら参加できない。
月曜なので、まだ鍵を預けられない小さい子供の学校帰りを待つ為だ。
しかし、心は告別式に飛んでいるし、沢山お話をしてから別れたい。

今年の年賀状には「会って思い出話を沢山したい」と書いた私、
何か所謂「虫の知らせ」だったのでしょうか・・・
その前に、10月か11月の頃には特に用事もないので電話をした、
ただ、専務に会いたいから、茨城へ行ってもいい?と聞いた。
去年の秋頃に一度会って、ガンと聞いてしまったから・・・
でも、専務が言うには、
「来なくていいよ、そんなもん、風邪も治ったし、抗がん剤治療しているから」

父がガンになってから抗がん剤治療しても苦しむ姿を見ていた幼年時代、
痛みに耐え、栄養吸収できずに体が小さくなって、
そんな自分を見せたくないから、パパっ子だった私を近寄らさなくて・・・
お爺ちゃんはガンの転移か、顔面まで歪んでしまったのも覚えている。
会いたくなる私の気持ちよりも、治療している専務の気持ちを思い、
物分りが良すぎる私は、そのまま「またね~」で電話を切ったのが最後だった。

ご本人にはきっとそれで良かったのだと思う・・・気持ちが届いている筈。
しかし、あれだけお世話になった専務に最後まで会えずにいる私は、
心の奥にそっと、そっと後悔の念がまだ渦巻く。




もう一つの別れ



2014/2/9(SUN)  雪❄  デンデンママの絵日記

出産前までいた会社の中でも、
最も身近で最も頼っていた元専務の訃報が一昨日の夜に入った。
あんまりにも突然な事で、慌てて元同僚たちと連絡を取り合い、
海外出張や駐在者もいて、彼らを代表してお通夜に参列する事になり、
昨日の大吹雪の中で買い出しなど準備をして、今日は通夜に行った。

東京から茨城の土浦まで、電車のタイミングにもよるが、
悠に1時間半の交通時間で、改めてこんな距離を毎日通っていたかと、
その上仕事を完璧にこなし、本社や私たちとのアフターも欠かさない、
感服せざるを得ない。いや、前から感服していたが、今日は感情も動く。

花輪やその他葬儀用品は既に満場で受け付けてもらえなかったので、
今思うと、あまりにも大きな存在が消え、寂しさが押し寄せて来る。
お通夜の参列者や規模を見ると、元専務の人柄が如何に良かったか、
如何にリーダー適格者で、周りの人に従われていたか、
かつて一番近くにいた私はあまりにも惜しい、そして後悔の念に駆られる。

この思いと祈りと共に、黄種カランコエの花を捧げたいと思う。
花言葉は「おおらかな心」、「沢山の小さな思い出」、「幸福を告げる」。




フリーハンドだからすごい( ⊙‿⊙)


2014/2/8(土)  雪❄  デンデンママの絵日記

ジャンボが片手に鋏を持って、テクテクやって来たので、ビックリした^o^;
「ママ、紙ちょうだい」って言うから、「はい、どうぞ」と渡した。

「ママ、動物で何が好き?」って聞くので、
「ジャンボ」と答えたら、ケラケラ笑われたwww
「いや~、だから人間じゃない動物!例えば鳥とか~!」って催促されたので、
「う~ん、なんだろうね~、インコなんか可愛いかもね~」
「よし!見ていて・・・」とサクサク紙を切って、本当にインコが@@!
「それから~・・・」と数秒して、木が出来た!
「木の上にしょうかな、下の枝にしょうかな、別々に切ったからどっちでもいいね。」
「あっそうだ!」と言って、なんだ?と思っているうちに、インコのお家が出来た^m^
学校のプリントの隅にあったキャラを切って、「はい、ミミズね~」
「ママ、耳の長い動物はな~んだ?」   「うさぎ?」   「正解!!」
そして、サメを切り出して、パクパクさせならが「口が動くんだよ~!」^^

そう言えば、昨日は学校の帰りに自慢してたっけ^m^
「ぼく学校で切り紙はかせって言われた!」ってwww




一人で行ける


140207(FRI)  晴☀  デンデンママの絵日記

毎週金曜日はジャンボの空手教室がある。
時間帯がちょっと遅めなので、いつも送り迎えをしている。
幼稚園の時のサッカークラブは車での送迎だったので、幾分か楽になった。

ところが、今日はジャンボが「空手は一人で行く」と言い出した。
見た目は3年生くらいのがたいだし、男の子だし、
心配するなんて、あんまり親ばかな自分もどうかと密かに思い、
道はちゃんと覚えている、自分で行けると言うから、
自立へ向けての大事な一歩、全力で応援するわよ~www
(そして、デンデンママも夕飯の支度に余裕が出来る^m^)

「行ってきま~す」とドアを出るジャンボを見送ってから、
歩いてもせいぜい8分くらいのところまで、
僅かな待ち時間でもすっごくドキドキした><

だらだら歩いてないか、周りをちゃんと見ているか、
信号をちゃんと渡っているか、変な人に絡まれてないか・・・

リリーン♪と電話が鳴り、受話器の向こうから、
「今無事ついたよ」と約束の電話が入った、ホッ#^o^#
かんばれ!ジャンボ!!かっこいい男になれよw




鬼だぞぃ^^;


140203(MON)  晴☀  ジャンボの絵日記

せつぶんのために、がっこうのずこうじかんにつくりました。



デンデンママから^^b

幼稚園でも毎年作ったけど、幼稚園の時の作品が上手だった気がするw
でも、表情の迫力はこっちの方があるかな^m^

豆も買ったし、でもうちはパパが鬼になりたくないと言う理由だけで、
子供の行事への興味は容赦なく切り捨てられた・・・
学校の先生に知られたら、教育上親御さんのご協力は不可欠です!
と言われそうですよね~^^;

結局鬼のお面は暫く飾りとなるねぇ(^^ゞ